婚活を決意したら、まず周りの人に相談しましょう

結婚相手になかなか巡り会えない環境にいると、自然と相手に出会うのを期待していては婚期を逃してしまいかねません。人により、積極的に行動に移せる人と、いろいろ考えて身動き取れなくなる人がいますが、やはり自分から行動できる人の方が結婚には近づきやすいです。
そこで、婚活をすることを決めたら、まず周りの人に「婚活してるので誰かいい人がいたら紹介してください」と相談してみましょう。自分からなかなか行動できない人でも、信頼できる人は何人かいるはずです。まずは自分が今結婚相手を探しているというアピールを周囲にしてみてください。そうすると、友達や職場の人がコンパなど気軽な集まりに誘ってくれるかもしれません。または、上司の伝手でお見合いがセッティングされるかもしれません。こうしてチャンスを自分で広げていくのです。
もちろん、周りの人に頼らず、自分で婚活パーティーに参加するなどしても良いです。しかし、婚活パーティーにはいろいろな人が集まるので、必ずしも自分と価値観が合う人がいるとは限りません。それに対して、自分の周りの人の力を借りる場合は、常に自分のことを見てくれている人たちですから、自分に合った人を紹介してもらえる可能性が上がります。
なかなか自分から誰か紹介してくださいとお願いするのも恥ずかしいと思う人もいるでしょう。しかし、自分から動かなければ事態が良くならないのなら、まず行動に移してみることが大事です。