社会人になると恋人を作るのが大変

社会人になると学生の頃に比べて、なかなか恋人ができにくくなると思います。その理由を以下の5つにまとめてみました。

 

1.時間がないため
社会人になると学生の頃に比べて、時間がなくなります。忙しい仕事であると、夜遅くまで働いたり、土日も出勤したりで、なかなか自分の時間がとれなくなります。そのため、職場と、家の往復、休みの日はごろごろしている、となるとなかなか出会いがなくなります。

 

2.出会いが少ないため
職場と家の往復になってしまうと、出会う人は限られてしまいます。職場も人が多い会社や、営業などで積極的に人と出会う仕事なら出会いもあるかもしれませんが、小さな会社や、同年代の人が少ない会社であれば、なかなか出会いがありません。

 

 

3.疲れているため
仕事で疲れてしまっていると、なかなか遊びや、飲みに行く、習い事をするなどというような、外に出る機会が減り、家にこもってしまいます。そうすると、新しい出会いはなく、なかなか恋人は出来にくいと思います。

 

4.時間のすれ違いがあるため
せっかく恋人ができても、お互いに忙しいと、なかなか一緒にいる時間がとれず、別れてしまうこともあります。社会人同士でも、すれ違いが別れの原因になることがありますし、社会人と学生でも、時間のある学生と、時間のない社会人で、うまくいかない場合があると思います。

 

5.恋人にお金を使いたくないため
恋人がいると、デートや、プレゼントなどお金がかかります。恋人にお金をかけるよりも自分で働いたお金を自分の趣味や旅行にお金をかけたいと思う人は、恋人ができにくいと思います。そして、給料が安くなると、お金がないからという理由もでてくると思います。

 

時間がなくても、お金がなくても、本当に恋人が欲しいと思ったら、新しい出会いの場を求めて、積極的に動くと思います。そのため、時間がない、お金がないというのは恋人ができにくい理由の1つにはなると思いますが、そこまでして恋人が欲しくないというのも、恋人ができない理由になるのかと思います。